安曇野市豊科郷土博物館公式ブログ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
松本市美術館特別展
三澤巌先生運搬作業
松本市立美術館では、松本市市制施行100周年記念・中信美術界創立60周年記念として特別展が開催されます。
当博物館からも1点、この特別展に資料を貸し出しいたしました。
本日はその資料「三澤巌先生像 昭和32年作(小林章・ブロンズ)」の運び出しです。


「松本平の近代美術-美術館を夢見た作家たち-」
■会 期:4月21日(土)〜6月17日(日)

| 展覧会情報 | 18:29 | comments(0) | trackbacks(0)
白鳥展初日
「白鳥写真展」初日でございます。
作品総数106点、応募者総数61名という大きな規模の写真展となりました。
初日だけあって、たくさんのマスコミの方にも取材に来ていただきました。
観覧の方も多くご来館いただき、ありがとうございます。わーい

「白鳥写真展」4月24日(火)まで開催しています。
安曇野の冬の風物詩としてすっかり定着した白鳥の様々な姿を、是非ご覧下さい。初日館内の様子
| 展覧会情報 | 18:38 | comments(0) | trackbacks(1)
中村征夫写真展 海中2万7000時間の旅


姉妹館の豊科近代美術館では、「中村征夫写真展」が開催されます!!
会期:2007年4月18日ー6月3日
原寸大のザトウクジラはド迫力ですよ!

2007年度の土門拳賞を受賞した中村征夫さんの展覧会です!
中村さん本人も来館し、スライドトークやサイン会も行われます!!
お見逃し無く!

| 展覧会情報 | 19:27 | comments(0) | trackbacks(0)
松 本 平 の 近 代 美 術 −美術館を夢見た作家たち−


4月21日[土]から6月17日[日]まで、松本市の松本市美術館にて、「松 本 平 の 近 代 美 術 −美術館を夢見た作家たち−」展が開催されます!!当館からも、小林章作の三沢巌先生像が出品予定です!
この他にも、藤森桂谷、井口香山、山本安曇、下條周信など、当館と縁深い作家作品も集められます。松本市美術館にお越しの際は、ぜひ、郷土博物館まで足を伸ばしてみてください!!
| 展覧会情報 | 19:41 | comments(0) | trackbacks(0)
小企画展「安曇野に生きた作家たち」

豊科郷土博物館収蔵の郷土の美術工芸作家の作品を小企画として展示しています。

 安曇野市豊科郷土博物館は、昭和54年の開館以来、郷土の民俗資料・歴史資料とともに、安曇野にゆかりのある作家の作品を収集してきました。
 今回の展覧会は、いままであまり展示することのなかった作品を中心に、安曇野の美術の伝統を受け継いできた美術家・工芸家の作品を展示します。
 安曇野の狩野派:狩野梅玄の屏風「三国志六曲一双屏風」
 荻原碌山の作品ともかかわりの深い鋳金家:山本安曇の作品
 安曇野に住んだ日本画の鬼才:のむら清六「安曇野抄屏風」
 社会派映画監督:熊井啓(安曇野豊科出身)関連の品
 陶芸家:高橋茂の作品
この他にも収蔵品である洋画家:須田剋太の書「身心脱落」も展示しています。
また、安曇野は道祖神が多いいということもあり、豊科地区の道祖神を多数紹介します。
この機会に、安曇野市豊科郷土博物館にお越し下さい。

◆ 名 称 小企画展「安曇野に生きた作家たち〜館収蔵美術工芸作品展〜」

◆ 会 期 3月8日(木)〜3月25日(日)
 
◆ 会 場 安曇野市豊科郷土博物館 1階展示室

◆ 観覧料
通常料金(個人:大人100円・小人50円、団体:大人80円・小人40円)

◆ 休館日 月曜日及び3月22日(木)(祝日の翌日)
| 展覧会情報 | 10:09 | comments(0) | trackbacks(1)
ほうぼう

小口泰子「ほうぼう」


矢下祀子「鮮魚」

今回の美術展では、先日の静物画研修会の成果も展示されています。「ほうぼう」のユーモラスな姿が描写されました。
| 展覧会情報 | 16:08 | comments(0) | trackbacks(0)
美術展出品作品

丸山島子「はぐれてしまったモノ」


竹沢史倫「街」


細萱美穂人「夏の日」(左)
二木福治「腰掛ける婦人」(右)
| 展覧会情報 | 08:57 | comments(0) | trackbacks(0)
第48回友の会美術展


「第48回友の会美術展」開催

 安曇野市豊科郷土博物館では、博物館友の会美術部の皆さんによる「第48回友の会美術展」を開催します。
 安曇野の自然を描いた水彩画・自己の心象風景を表現した油彩画・あふれる情熱を形にした塑像など、平面絵画から立体彫刻まで、部員それぞれの活動の成果を展示します。さまざまな技法で表現された個性あふれる世界をお楽しみ下さい。この機会に安曇野市豊科郷土博物館へお出かけ下さい。
◆ 展覧会名 
「第48回友の会美術展」
◆ 会 期 
2月18日(日)〜3月4日(日)
◆ 会 場 
安曇野市豊科郷土博物館 展示室
◆ 休館日 2月19・26日(月)
◆ 入館料 
 大人100(80)円 
 小中生 50(40)円
 ( )内は20人以上の団体料金 
◆ 問い合わせ 安曇野市豊科郷土博物館 電話0263-72-5672


| 展覧会情報 | 16:30 | comments(0) | trackbacks(0)
友の会美術展の搬入を行いました!!

明日から友の会美術展が始まります。今日は朝から美術部の皆さんが搬入に来館されました。30点の作品が展示されています。


作品搬入後は、全員で講評を行っていました。制作者の意図を直接聞きながら作品を見るとやはり一味違います。


今回は油彩・水彩・版画・彫刻など、さまざまなジャンルの表現が並んでいます。
| 展覧会情報 | 16:27 | comments(0) | trackbacks(0)
「生彩ある書」 第52回友の会書芸展

○ 新春を迎えるにあたり挑戦した書の芸術をご堪能下さい。

安曇野市豊科郷土博物館では、博物館友の会書道部(部長 千野秀濤)の皆さんによる「第52回友の会書芸展」を開催します。
友の会書道部は昭和55年に郷土博物館友の会が発足して以来続く部会です。当初は年二回展示会を行ってきたこともあり、今回は52回目の開催となります。例年、書家で同部会顧問の丸山濤石先生の作品をはじめ、安曇野で書道を研鑽している皆さんの力作を展示してきました。
今回の書芸展も大きな和紙に楷書体や行書体で豪快に書かれた漢詩や格言から部員の皆さんの文字に込めた思いが伝わってくることでしょう。
新春を迎えるにあたって挑戦した書の芸術をご堪能ください。

◆ 展覧会名 「第52回 友の会書芸展」
◆ 会 期 1月28日(日)〜2月11日(日)
◆ 会 場 安曇野市豊科郷土博物館 展示室
◆ 入館料 大人100(80)円 小中生 50(40)円
      ( )内は20人以上の団体料金 
◆ 休館日 1月29日(月)・2月5日(月)
◆ 問い合わせ 安曇野市豊科郷土博物館 電話0263-72-5672

| 展覧会情報 | 15:28 | comments(0) | trackbacks(0)
安曇野市豊科郷土博物館
公式ブログへようこそ!
カレンダー
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
最近のエントリー
カテゴリー
アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
モバイル
qrcode
リンク
スポンサー
おすすめ
おすすめ
おすすめ