安曇野市豊科郷土博物館公式ブログ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
博物館講座 安曇野の伝統食を楽しむ〜蚕玉様へのお供えもの・七夕まんじゅうとあんころ餅〜受講者募集
 
 博物館では、9月19日(土)に開催する講座「伝統食を楽しむ〜蚕玉様へのお供えもの・七夕まんじゅうとあんころ餅〜」の受講者を募集しています。
 今回の伝統食講座は現在開催中の展覧会「泣いた!笑った!おかいこ様〜養蚕がささえた暮らし〜」のテーマに合わせたものです。
 安曇野では養蚕が盛んだった頃、3月の初午の日には稲荷神社へ詣でて養蚕の豊作祈願をし、その年の養蚕がすべて終わった9月末〜10月10日頃までに「蚕玉あげ」と言って、カイコの神様である「蚕玉様」にあんころ餅をお供えするという風習がありました。
 また、7月7日の七夕には小豆餡のたっぷり入った七夕まんじゅうというまんじゅうを作って、蚕玉さまに供えたという地区もあります。
 蚕玉様はうんと甘いものが好きだからと、あんころ餅やまんじゅうが甘ければ甘いほど養蚕が上手くいくと言ったそうです。
 大規模に養蚕を営んでいた農家では、蚕玉あげの時には手伝ってくれた人へあんころ餅をお重に入れて配ってもいたそうです。
 現在でも、3月初午の養蚕豊作祈願が神社の例祭として残っている地区もありますが、市内のあちこちに残る「蚕玉様」と呼ばれる石造の神様へお参りする人もほとんどなくなりました。
 養蚕に関わる文化を伝えていくためにも、ぜひともご参加いただき、ご家庭で作っていただければと思います。

↓↓詳細はこちら」


◆ 講座名 「安曇野の伝統食を楽しむ〜蚕玉様へのお供えもの・七夕まんじゅうとあんころ餅〜
◆ 開催日時 9月19日(土)10時〜13時
◆ 受講料 300円
◆ 持ち物 エプロン・三角巾・ビニール袋など
◆ 会場 安曇野市豊科保健センター
◆ 定員 30名(定員になり次第締め切り)
◆ 講師 農村女性学習会のみなさん
◆ 申込方法 8月25日〜9月17日の間に博物館窓口へ受講料を添えてお申し込みください。なお、月曜日は休館です。
◆ お申し込み・お問い合わせ 安曇野市豊科郷土博物館(電話・fax0263-72-5672)
| 教育普及活動 | 13:14 | comments(0) | trackbacks(0)
学芸員実習

郷土博物館では、現在二人の学芸員実習生を受け入れています。
今日は考古資料の取り扱いを学習していただきました。
実習の最後にはミニ展覧会として、ちいさな展示スペースでの企画展を開催していただくことになっています。
8月5日以降、2週間ほどの間ご来館した方にもご覧いただけます。
| 教育普及活動 | 21:39 | comments(0) | trackbacks(0)
博物館講座「探訪 安曇野の桜」開催!





 
本日は、快晴の下、博物館講座「探訪 安曇野の桜」を開催しました。
安曇野もここ数日晴天が続き、夏のような陽気だったため、心配だった桜の開花もいっきに進みました。
特に満開だったのが、市天然記念物に指定されている「本村の大シダレザクラ」と、黒沢川の土手に植えられた桜並木。
その他のところはまだ咲いていなかったり、満開とは言えない状態の桜が多かったです。
画像は1枚目がが本村の大シダレザクラ、そしてその花、3枚目が黒沢川千国橋付近の川原に咲くソメイヨシノです。

講師の飯沼先生のお話しが植物のことだけにとどまらず、植物に関わる民俗や歴史など多岐にわたり、楽しむことができました。
見学地のうち、室山アグリパーク、大室のシダレザクラ、東小倉のシダレヒガンなど、見ごろが2,3日後のものもあります。
同じ安曇野と言っても、北アルプス山麓と、犀川よりの場所では花の咲く時期が違います。長く花の楽しめる安曇野にぜひお越しください。

| 教育普及活動 | 16:09 | comments(0) | trackbacks(0)
白鳥写真教室開催!
 白鳥写真教室   白鳥写真教室

昨日(2月6日)から、白鳥の北帰行が始まったとメディアで報道されました。
例年より早い北帰行ですが、こう暖かい日が続くと白鳥も望郷の念が強くなるのでしょうか。

今年も博物館では野鳥フォトグラファーの中島泰樹先生をお迎えして「白鳥写真教室」を開催しました。
安曇野には白鳥が越冬するポイントが2箇所、そして昼間白鳥たちがお散歩にでかける田んぼがあります。その3箇所を周り、実際に白鳥の写真を撮影しながら、先生から白鳥観察と撮影テクニックを学びました。

残念ながら(・・・先生によれば、雪が降った方が写真としては面白いそうです)、日が昇るにつれ快晴となりました。
でもそのおかげで北アルプスの雄大な姿と白鳥の舞う姿を撮影することができました。

撮影のあとは先生による野鳥撮影の講義です。天候の違いによる撮影方法や、白鳥の生態、安曇野で見ることができる野鳥たちのお話をしていただきました。

受講されたみなさんには、本日の講座で上達したテクニックでぜひとも「第25回白鳥写真展」にご応募いただければと思います。
| 教育普及活動 | 20:34 | comments(0) | trackbacks(0)
白鳥写真教室!!受講生募集。

白鳥    白鳥

 安曇野で白鳥が越冬するようになって今年で25年。環境汚染や鳥インフルエンザなど、白鳥をとりまく問題は少なくありません。
 そんな厳しい自然の中を生きているからこそ、白鳥はより人々の心を惹きつけるのかもしれませんね。
 今年もカメラを手に飛来した白鳥を撮影しようと多くの人が安曇野を訪れています。

 そして、郷土博物館では今年も「白鳥写真教室」を開催します。
 講師にプロの野鳥カメラマンでいらっしゃる中島泰樹(なかじまやすき)先生をお迎えし、白鳥だけでなく、安曇野に訪れる冬鳥、野鳥たちをとりまく自然環境などを学ぶとともに、急速に普及しつつあるデジタルカメラでの撮影を取り入れた、野鳥の撮影方法を学びます。
 変わりゆく安曇野の自然や野鳥の生態をとおして、郷土の自然を体感してみませんか?
 中級者の方、もちろん初心者の方、親子でのご参加も大歓迎です。

 詳しくはこちら↓↓をご覧ください

■期 日 平成21年 2月 7日(土)
■会 場 豊科田沢白鳥湖周辺・明科御宝田・穂高狐島・郷土博物館
■定 員 20名(先着順・定員に達し次第締め切り)
■日 程 安曇野市豊科郷土博物館(集合 6:50)−田沢(白鳥湖)−明科(御宝田)−穂高(狐島)−豊科郷土博物館(白鳥生態・写真解説)(解散 12:00)
(各白鳥飛来地/白鳥飛来数により変更あり)
■内 容 安曇野に飛来する白鳥の観察と撮影会・白鳥飛来地をバスで回る。
■講 師 中島泰樹 先生(日本自然科学写真協会・日本野鳥の会会員)
■参加費 1,500円(バス代・保険代・資料代など)
■持ち物 雨具・カメラ・筆記用具・防寒具など
■申し込み 平成21年2月5日(木)までに豊科郷土博物館窓口へ参加費を添えてお申し込みください。

■問い合わせ 安曇野市豊科郷土博物館(電話 0263−72−5672)まで
もちろん、今年も春一番に「白鳥写真展」を開催いたします。
そちらの情報ももうすぐ載せますので、しばしお待ちください。

 

| 教育普及活動 | 19:38 | comments(0) | trackbacks(0)
博物館講座「古文書って何だろう」
古文書ってなんだろう講座風景
久しぶりのブログ更新です。ご心配をお掛けして申し訳ありません。
博物館も、職員もみな元気なのですが、相変わらずバタバタと忙しくしております。

本日は、長野県立歴史博物館より前澤 健先生をお迎えして、初心者のための古文書講座を開催しました。その名も「古文書って何だろう」です。
地域の歴史を知る上で、古文書はとても重要な資料となります。
では、古文書って何を指して「古文書」って言うのでしょう。
そして古文書はどこにあって、古文書からわかることって何だろう?というテーマの下に、これから地域史を学びたいという方へ向けた「入門」講座です。

前澤先生がこの夏に企画された長野県立歴史館の特別展「大庄屋って何?」で扱われた古文書から読み解いたこと、新しい発見があったことなど、古文書のもつ情報や魅力などをわかりやすくお話いただきました。

難しい、と思い込みがちな古文書ですが、前澤先生のお話しのおかげで、実は古文書って全く読めないわけじゃないんだ、と認識を新たにする方も多かったことでしょう。
これをきっかけに「古文書」に親しんでいただければ嬉しいです。

また、本日より10月13日(月)まで、第18回友の会水墨画展も開催しております。四季折々の風景を墨の濃淡のみで表現した素朴な水墨画や、祈りを現した心に沁みる仏像など多くの作品を楽しめます。
是非お越しください。
| 教育普及活動 | 18:01 | comments(1) | trackbacks(0)
探訪 安曇野の建築講座〜法蔵寺編!
県宝 法蔵寺山門にて解説を聞くみなさん本日は「探訪 安曇野の建築〜法蔵寺編」として、安曇野に残る歴史的建築物を中心に順次とりあげる建築講座シリーズの第1回目が開催されました。朝から雲がどんよりと安曇野を覆っているし、天気予報も「午後から雨」なんて言っているので、雨か降ることだけが心配だったのですが、講座の間は何とか持ちこたえてくれました。これも講座に参加したみなさんの普段の行いが良いからでしょうか。ニコニコ
 博物館で30分ほど建築様式の歴史について学習した後に法蔵寺へ。講師の西牧先生の説明をみなさん熱心に聞いておられました。山門(県宝)と鐘楼(鐘楼はお寺の好意で2階まで上がらせていただきました)の見学のあと、庫裏も拝見させていただきました。庫裏では法蔵寺のご住職に寺の歴史と庫裏(もとは堀金にあったものが移築されています)の歴史などについて御説明いただき、本当に中身の充実した講座となりました。お世話になった方々、そして講座に参加していただいた皆さまに御礼申し上げます。
さて、次回の「建築講座シリーズ」はまだ日時未定ですが、6月の博物館講座の告知をいたします。

博物館講座「川西三十四番札所を歩く 兵柴盂惱編)」開催
 かつて安曇野には、観音堂や観音像を奉った寺院などを巡礼する「川西三十四番札所巡り」がありました。江戸時代末期に始まったこの「札所巡り」について学んでみませんか。今回は室内学習編として博物館で学習します。
◆講 座 名 「川西三十四番札所を歩く 兵柴盂惱編)」
◆開催日時 6月28日(土)午後1時30分〜3時
◆会  場 郷土博物館2階学習室
◆受 講 料  200円(資料代等)
◆講 師 博物館職員
◆定  員 30人(定員になり次第締めきります。)
◆申込方法 6月10日から22日までに郷土博物館へお電話(72-5672)にてお申し込み下さ
◆申し込み・問い合わせ 安曇野市豊科郷土博物館 電話・FAX72-5672

| 教育普及活動 | 09:27 | comments(0) | trackbacks(0)
白鳥写真教室
白鳥安曇野で白鳥が越冬するようになって24年。郷土博物館では今年で3回目となる「白鳥写真教室」を田淵行男記念館と共催で開催しました。講師に野鳥写真家、中島先生をお迎えしての写真教室です。
朝7時に田沢白鳥湖へ向かい、明科御宝田(あかしなごほうでん)遊水池、穂高狐島と市内の白鳥飛来地を回りました。そろそろ北帰行の時期とあって、多くの白鳥が風に向かって飛ぶ練習をしているようでした。あとで知ったんですが、この日は春一番の強風は吹いたんですね。参加された20名の受講生も舞い上がり、着水する白鳥を楽しみながら撮影されていました。
その後、田淵行男記念館〜郷土博物館へ帰り、中島先生による白鳥の生態や生息する自然環境、撮影のルールや技法など分かりやすい講義をしていただきました。受講生の皆様にはこの日学んだ知識を活かして、是非とも「第24回白鳥写真展」へご応募いただきたいと思います。
また、2月26日から田淵行男記念館にて、中島泰樹先生の写真展「安曇野鳥景〜中島泰樹写真展〜」も開催します。是非ご覧ください。
| 教育普及活動 | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0)
特別講座「親子で作る押絵の絵馬」開催!!

朝から雪がちらついて、めっきり冬らしくなりましたが、本日は特別講座「親子で作る押絵の絵馬」を開催しました。
実際「親子」で参加された方は一組だけだったんですけど・・・冷や汗
最初に先生から「松本押絵」の歴史についてお話をしていただきました。
その成り立ちについて理解した後、実際に押絵を作ってみました。
ひとつひとつの行程を先生が丁寧にゆっくり教えてくださり、ほとんどが初めての方ばかりだったのですが、全員時間内に完成することが出来ました。
みんなで作ったものを並べてみると、実に個性豊かで、一つとして同じものがありません。たった4ピースからできている押絵なのに、不思議ですね〜。
最後にみんなで記念写真。
是非とも来年も開催し、松本から糸魚川方面にも残る押絵文化を未来へ残していきたいものです。
先生、参加された皆さん、お疲れ様でした。
作った絵馬は会期中、「現代の絵馬」として展示させていただきます。
来年の願いを込めた押絵の絵馬、是非見に来てくださいね〜。
| 教育普及活動 | 22:07 | comments(0) | trackbacks(1)
堀金地区の道祖神めぐり開催

 秋晴れの中、「堀金地区の道祖神めぐり」を開催しました。
堀金地区の道祖神28体ということで、全部見れるのかなぁと思ってましたが杞憂に終わりました嬉しい
 講師の石田先生のお話が楽しかったのもありますが、途中の公園で食べたお弁当も美味しく、とにかくあっという間のバスツアーでした。
 車に乗ることの多い普段の生活では、なかなか立ち止まって見ることの出来ない道祖神も、よくよく見ると色々な表情をしているのが良くわかります。そして、石田先生の解説もわかりやすく、参加した皆さんも自分の家の近所にある道祖神の見方が変わったのではないでしょうか。
 なかには、幕末に流行したコレラ病を防げなかったとして、「境の神失格」とのレッテルを貼られ、顔をそがれ、打ち捨てられた哀れな道祖神もあったり、盗まれるのを防止するために「帯代○両(盗んだら○両払って!!)」なんて刻まれた道祖神もあったり・・・。
 ぜひみなさんもお近くの道祖神をじっと眺めて見てください。新しい発見があるかもしれませんよ。
| 教育普及活動 | 14:52 | comments(0) | trackbacks(0)
安曇野市豊科郷土博物館
公式ブログへようこそ!
カレンダー
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
最近のエントリー
カテゴリー
アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
モバイル
qrcode
リンク
スポンサー
おすすめ
おすすめ
おすすめ