安曇野市豊科郷土博物館公式ブログ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
第26回白鳥写真展開催!

 
4月1日(木)より、第26回白鳥写真展を開催しています。
この公募による写真展は犀川に白鳥が飛来して以来26年間、ずっと開催し続けています。
今年も51名の方から94作品が応募されました。ありがとうございます。
毎年思うのですが、作品のレベルが本当に高くて、見応えのある写真展になっています。
白鳥の越冬地に何度も通い、その生態を観察した方でないと撮影できないような写真も多く、ご応募いただいた方の熱意を感じます。
今年、白鳥を見逃してしまった方、白鳥の生態をつぶさに観察できる良い機会ですので、ぜひ博物館へ足をお運びいただければ、と思います。

◆展覧会名 「第26回白鳥写真展」
◆会   期 4月1日(木)−25日(日)
◆開館時間 9時―17時(入館は16時半まで)
◆休  館 日 月曜日
◆入  館 料 大人100(80)円 小中生50(40)円 ( )内は20名以上の団体料金

| 展覧会情報 | 16:33 | comments(0) | trackbacks(0)
第4回友の会ボタニカルアート展開催中!!

当館では現在友の会植物画部による「第4回ボタニカルアート展」を開催中です。
植物画部員は現在19名。初心者からはじめられた方がほとんどですが、作品は見事なものばかりです。
ボタニカルアートが発展したのは大航海時代です。
写真技術のまだ無かったころ、新大陸の植物を生き生きと伝えるために描かれたのがボタニカルアートなのです。
そのため、現在でも原則として対象のスケール(大きさ)は1分の1なのだそうです。
植物のあるがままの姿を伝えるボタニカルアートは時として実物よりもその生態がよくわかります。
それは作者が観察に観察を重ねたたまものではないでしょうか。
ぜひ会場で作品をご覧になって実感していただければ幸いです。

◆「第4回友の会ボタニカルアート展」
◆会期 3月11日(木)〜28日(日)
◆会場 安曇野市豊科郷土博物館1階展示室
◆開館時間 9時〜17時(入館は16時30分まで)
◆入館料 大人100(80)円、小中生50(40)円
       ( )内は20名以上の団体料金
◆休館日 3月15日(月)、22日(火)
◆問合せ 安曇野市豊科郷土博物館(電話0263-72-5672)
 
| 展覧会情報 | 09:48 | comments(0) | trackbacks(0)
「第26回白鳥写真展」応募作品募集のお知らせ
 
今年も安曇野に白鳥たちが越冬のために飛来しました。厳しい寒さの中、たくましく生きるその姿は私たちにも元気をわけてくれるようです。
豊科郷土博物館では、白鳥をテーマとした写真作品を公募して展覧会を開催します。あなただけが捉えた白鳥のベストショットをぜひご応募ください
 ◆作品受付期間
2月27日(土)〜3月28日(日)午後5時までに郷土博物館窓口へ直接お持ちください。(3月1・8・15・23日は休館日です。)
◆テーマ
今シーズン安曇野市内で撮影した白鳥および白鳥に関する写真。
◆審査
なし
◆出品料
無料
◆応募作品注意事項
サイズは四つ切以上。額かパネルに入れ展示用のヒモをつけてください。応募点数は一人2点以内。カラー白黒不問。詳しくは郷土博物館へお問い合わせください。
◆作品展示期間
4月1日(木)〜25日(日)
◆問い合わせ
安曇野市豊科郷土博物館(電話・FAX72-5672)
応募用紙は豊科文化財団ホームページの「NEWS」よりPDFにて配布しております。
| 展覧会情報 | 14:53 | comments(0) | trackbacks(0)
第55回友の会新春書芸展 開催!!

明日26日より、「第55回友の会書芸展」が開催されます。
実は開催は27日からなのですが、本日(25日)、展示替えが終了しましたので、明日ご来館の方から、初春にふさわしい豪華な書芸展がご覧になれます。

部長さんに見どころを伺ったところ、「書を書くときに、題材になる詩や字の意味を考え、その人なりの感性をもって表現しようとしているので、そのところを感じながらご覧いただければ」とのことでした。
ぜひ、ご来館いただいて書の奥深さを感じていただきたいと思います。

◆「第55回友の会書芸展」
◆会期 1月27日(水)〜2月14日(日)※1月26日よりご覧いただけます。
◆会場 安曇野市豊科郷土博物館 1階展示室
◆入館料 大人100(80)円 小中生 50(40)円
◆開館時間 9時〜17時(入館は16時30分まで)
◆お問合せ 安曇野市豊科郷土博物館(0263-72-5672)


 
| 展覧会情報 | 17:00 | comments(0) | trackbacks(0)
泣いた!笑った!おかいこ様
 夏季特別展「泣いた!笑った!おかいこ様」

7月18日(土)ー9月23日(水)
| 展覧会情報 | 18:53 | comments(0) | trackbacks(0)
第25回白鳥写真展






 第25回白鳥写真展がはじまりました。
今年は鳥インフルエンザなど、渡り鳥である白鳥をめぐりさまざまな問題が取り沙汰されました。
そのせいか、白鳥の飛来数も減り、写真展への影響もあるかと思っていましたが、53人の方が94点の作品を出品してくださり、ほぼ例年と同じ作品数となりました。
ありがとうございます。

毎年思うのですが、写真をみると出品される方の白鳥への情熱を感じずにはいられません。
毎日のように通わなければ出会うことのできない白鳥の姿ばかりです。

虹の中の白鳥、朝もやの中の白鳥、目を閉じて眠る白鳥など、白鳥のさまざまな姿を堪能することができます。
これだけたくさんの表情や生態をみることは、なかなかできないことではないでしょうか。
ぜひとも、ご来館いただき、白鳥の生態を観察していただきたいと思います。

会期は4月26日(日)まで。
入館料は大人100円 小中生50円(20人以上は団体割引があります)
開館時間は9時〜17時(入館は16時30分まで)
月曜が休館となっておりますので、お気をつけください。

| 展覧会情報 | 14:14 | comments(0) | trackbacks(0)
ひな人形を展示しています



 当館では今月29日(日)まで館収蔵のひな人形や江戸から昭和中期にかけての化粧道具を展示しています。

ひな人形は時代や飾った家によって顔も形も大きさも違います。
素朴な姿のひな人形が時代を経ると共に、形も大きく、華美に変わる様子が展示でわかります。

また、いつの時代でも美しくありたいと思うのが女性ですね。
そんな女性たちの化粧道具…お歯黒道具や、髪を飾った櫛(くし)や簪(かんざし)なども多数展示しました。

ぜひ博物館でひな祭りをお楽しみください。

| 展覧会情報 | 21:49 | comments(1) | trackbacks(0)
第34回友の会押絵展!開催中

   


 今年も初春の展示は「第34回友の会押絵展」、新春らしい豪華な押絵の展覧会です。
当博物館友の会押絵部のみなさんが、華やかな押絵の羽子板、そして浮世絵を題材にした作品などを約60点、展示してくださいました。

押絵部部長さんのお話によりますと、押絵のパーツは難しいもので50〜60点、使う古布は作品の題材によって工夫して選び抜いたものだという事です。
例えば、江戸庶民を描いた浮世絵を作品にした場合、庶民がきらびやかな着物を着ていたはずはありませんね。地味だけれども納得のいく古布を用いて表現をするのだそうです。
使う素材一つ一つを吟味して作品を作れば、出来上がったときの感動もひとしおだということです。

今年の展覧会のテーマは「おひな様」さまざまな押絵のおひな様が展示されています。
どうぞ皆様、松本平に伝わる「押絵」をご覧にいらしてくださいね。

◆ 展覧会    第34回友の会押絵展
◆ 会 期    1月11日(日)〜25日(日)
◆ 会 場    安曇野市豊科郷土博物館 1階南展示室
◆ 開館時間  9時〜17時(入館は16時半まで)
◆ 入館料   大人100(80)円 小中学生50(40)円 
          ( )内は20名以上の団体料金
◆ 問い合せ 安曇野市豊科郷土博物館 tel0263−72−5672

| 展覧会情報 | 20:00 | comments(0) | trackbacks(0)
第24回白鳥写真展開催!!
白鳥写真展本日より、24回目となる白鳥写真展がオープンしました。募集期間のうち、最後の1週間でラストスパートのように作品をご応募いただいて、あっという間に109点もの力作が集まって驚くやら嬉しいやらの開催となりました。
特に今年は写真のレベルが非常に高い、との呼び声もあり、見ごたえのある写真展となっております。「偶然に撮れた一枚」というよりも「狙いすました一枚」という作品が多く、白鳥写真にかける皆さんの情熱が感じられます。また、よくよく観察しないと見ることが出来ない白鳥の生態を捉えた写真もあり、ご覧になった方からも感嘆の声があがっていました。
写真展は今月20日(日)までの開催となります。是非足をお運びください。
| 展覧会情報 | 08:48 | comments(0) | trackbacks(0)
第24回白鳥写真展 作品募集中です
冬の風物詩としてすっかり安曇野に定着した白鳥ですが、本年も安曇野市豊科郷土博物館では、安曇野の白鳥をテーマとした写真作品を募集します。白鳥をじっくりと観察し撮影した作品からは、郷土の冬鳥の生態や環境なども感じ取ることができます。
多くの皆さまにご応募いただき、白鳥の姿をご覧いただければ幸いです。
作品の募集要項は以下のとおりです。
●作品受付期間
平成20年3月2日(日)〜3月29日(土)午後5時まで
(なお、3月3日・10日・17日・24日は休館日)
直接または宅配便等で搬入下さい。(ガラス額等の場合、破損のないように梱包して下さい)
●応募先
安曇野市豊科郷土博物館(電話・FAX0263-72-5672)
〒399-8205長野県安曇野市豊科4289-8
●テーマ
安曇野市内で撮影した白鳥および白鳥に関する写真。
●サイズ
四つ切以上
●注意事項
応募点数は一人2点以内とし、作品は額かパネルに入れ展示用のヒモをつけてください。カラー・白黒不問。また、作品を入れた額の裏に応募票を添付し、額を入れた箱にも氏名・題名を明記してください。
●返却について
応募作品は展覧会終了後返却しますので4月24日(木)から5月11日(日)の間に郷土博物まで必ず取りに来てください。
宅配便による返却を希望される場合は、住所氏名電話番号を記入した運送会社の伝票(着払い用)を同梱しておいてください。
●作品展示期間
平成20年4月3日(木)〜20日(日)(月曜休館)
●その他
詳しいお問合せなどは、応募先と同じです。
作品選考などは一切ございません。皆さまのご応募をお待ちしております
| 展覧会情報 | 18:56 | comments(0) | trackbacks(0)
安曇野市豊科郷土博物館
公式ブログへようこそ!
カレンダー
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
最近のエントリー
カテゴリー
アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
モバイル
qrcode
リンク
スポンサー
おすすめ
おすすめ
おすすめ