安曇野市豊科郷土博物館公式ブログ

<< 友の会絵手紙展と写真展を開催中です | main | 友の会押絵展と水墨画展を開催しています >>
ぬかくどご飯を味わう
 12月17日(木)に博物館でぬかくどを使ってご飯を炊きました。

 ぬかくどとは、ぬか(もみ殻)を使ってご飯を炊くかまどのことで、電気やガスが普及する前には安曇野でも主に稲作農家で使われていました。
 ぬかくどといえばだるまストーブのような丸いかたちがよく知られていますが、今回活用した「国際モミークイーン」は四角いかたちのちょっと変わった見た目です。昭和44年に作られたモミークイーンですが、ガスや電気の炊飯器が普及し始めた時期ということもあり、安曇野市のあるお宅で新品のまま眠っていました。
 中の構造はそれまでのぬかくどとあまり変わりませんが、誰も見たことがないものだったため、試行錯誤しながらご飯を炊くことに成功しました。前日に火をつけた時は上手くいかなかったため、蓋を取って白いご飯が見えたときは喜びとともに今当たり前に食べているご飯は大変ありがたいものだということを実感しました。

 炊きあがったご飯は、炊飯器では味わうことができない独特の風味があり、何杯でも食べられるような特別な味がしました。

 これからも博物館のイベントなどで活用して、皆さんにぬかくどご飯を味わっていただける機会を作っていこうと考えています。イベントの際は、ぜひ博物館でしか味わえないご飯を食べにお越しください。

 博物館では現在、体験で活用できる羽釜と蓋を募集しています。もし使用せずに眠っていて体験で使用しても構わないという釜や蓋をお持ちの方がいましたら、豊科郷土博物館(電話0263-72-5672)へお知らせください。お待ちしております。

| 新着情報 | 11:32 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 11:32 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://toyohaku.jugem.jp/trackback/646
トラックバック
安曇野市豊科郷土博物館
公式ブログへようこそ!
カレンダー
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
最近のエントリー
カテゴリー
アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
モバイル
qrcode
リンク
スポンサー
おすすめ
おすすめ
おすすめ