安曇野市豊科郷土博物館公式ブログ

<< 博物館講座「昔の暮らしを体験しよう」−大麦刈り | main | おひさま道祖神お披露目式 >>
「中房タイムトラベル―ひと・温泉・微生物」


博物館講座「中房タイムトラベル―ひと・温泉・微生物」が開催されました。
 
安曇野の代表的な温泉地として知られる中房温泉は、天然記念物に指定された「中房温泉の膠状珪酸および珪華」が形成される特有の自然環境があります。また大正時代に建てられた登録有形文化財の建物があります。

今回の講座は中房温泉株式会社様の全面的な協力をいただいて開催しました。このため普段は宿泊のお客様しか見学できないような場所にも立ち入らせてもらえました。本当にありがとうございました。



こちらが中房温泉本館菊です。屋根に鉄板切妻造りの様式がみられるなど、近代の湯治場建築が残っています。こちらの本館は現在でも利用されています。

次に向かう天然記念物に指定された区域は、中房温泉本館菊よりもさらに標高の高いところです。





白い湯気から熱泉であることがわかりますでしょうか。ちょうど黄土色部分が膠状珪酸で、触感は弾力がありぶよぶよしています。
珪華というのは温泉水に多量に含まれている珪酸成分が沈殿して固まったものです。

中房温泉の膠状珪酸は、温泉水中に生息する好熱性細菌によってつくり出されているところが大きな特徴です。
この好熱性細菌は地球に生命が誕生した時代からそのままの生物なのです。中には酸素を必要としない生物もいたりと、様々な種類の生命体が熱泉の中で生息しています。



さらに上へと歩みを進めると、地面の白い焼山区域へとたどり着きます。ここは標高が高い場所なので気温が低いはずなのですが、地熱が高いので体感温度は暑く感じます。



地熱を利用して卵とじゃがいもを調理しました。



「ただ来るだけでは歴史や自然を深く理解することはできないが、講師の先生が熱心に教えてくださったので良い経験ができた。」との声をご参加された方からいただきました。

普段の生活を離れた大自然の中での学びは、本で読むよりもずっと記憶に残ったのではないかと思います。

ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。


| 博物館活動 | 17:43 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 17:43 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://toyohaku.jugem.jp/trackback/593
トラックバック
安曇野市豊科郷土博物館
公式ブログへようこそ!
カレンダー
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
最近のエントリー
カテゴリー
アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
モバイル
qrcode
リンク
スポンサー
おすすめ
おすすめ
おすすめ