安曇野市豊科郷土博物館公式ブログ

<< 古文書の楽しみ方2開催! | main | 押絵講座 受講生募集 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
小企画展「うつりゆく安曇野〜昭和から平成へ〜」 開催中
現在、安曇野市豊科郷土博物館では、小企画展として「うつりゆく安曇野〜昭和から平成へ〜」を開催しております。

郷土の写真家・高遠二郎(たかとおじろう)さんは昭和30年ころから、亡くなる平成19年までかわりゆく安曇野を写真に収め続けました。
風景や、何気ない日常生活、地元の小さなお祭やイベント、変化する農作業など、高遠さんの写真のテーマは多岐にわたります。
 あたり前にあった私たちの生活を記録することによって、私たちは失ったものや得たもの、そして変わらないものを実感することができます。
 この展覧会では、高遠さんの撮影した「写真」という雄弁な資料によって安曇野の変化の様子をご覧いただき、私たちが次世代へ何を伝えていかなければならないかを考える機会としていただければ幸いです。


会期 10月23日〜11月28日
開館時間 9時〜17時(入館は16時30分まで)
入館料 大人100円 小中学生50円 (20名以上は団体料金あります)
休館日 月曜日(祝日の場合は開館) 祝日の翌日
 

●会場内の様子
 
豊科吉野(現豊科吉野北交差点付近)昭和41年(1966          
吉野北交差点を東西に通る道は「熊倉道」と呼ばれ、成相新田宿から熊倉の渡しに連絡する古くからある道です。現在は工場や店舗などが立ち並んでいますが、
40年ほど前までは農耕馬が行きかい、田んぼが広がっていた様子がよくわかります。
↓は現在の様子です。
| 「うつりゆく安曇野」展 | 16:03 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 16:03 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://toyohaku.jugem.jp/trackback/527
トラックバック
安曇野市豊科郷土博物館
公式ブログへようこそ!
カレンダー
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
最近のエントリー
カテゴリー
アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
モバイル
qrcode
リンク
スポンサー
おすすめ
おすすめ
おすすめ