安曇野市豊科郷土博物館公式ブログ

<< 博物館講座「見よう!知ろう!安曇野の文化財」開催 | main | 6月の郷土史部講座 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
伝統食講座「お米のごちそう」開催

今年で3年目となる「伝統食講座」。
今回は県下有数の穀倉地帯でもある安曇野の「お米」をテーマとした講座を開催しました。

品目は「五目ご飯」、「うす焼き」、「やこめ」、「おむすび」です。

はじめに、せっかく博物館の講座なのですから、ということでコメ作りの歴史について学んだあと、講師の方々とともに調理室へ。
皆さん、和気あいあいと調理してくださいました。
今回は、初めて男性の参加もあって、うれしい限りです。

五目ご飯は、特別の日のごちそうであるとともに、忙しい女性たちがおかずがなくても食べられるようにと色々な具財を入れて炊きこんだご飯。これなら、ご飯とお漬物、それに汁ものがあれば立派な食事になりますね。

うす焼きは余ったご飯…少しいたんで糸を引くようになったご飯でも洗って、小麦粉を混ぜて焼いたものです。甘いみそをつけて食べれば子供のおやつにもなるし、お米が入ってるから力もつきます。

やこめは、やはりあまったご飯などを干して、揚げたもの。パリパリとして美味しいのです。
「小さい頃、親に作ってもらったのを覚えている、懐かしい」という声があちこちから上がりました。

最後の「おむすび」は、田植えのときなど大勢の人が手伝ってくれた時に「オコヒル」としてだしたものです。特にきな粉むすびは大きければ大きいほど喜ばれたそうです。
「あそこの家では大きなきな粉むすびが出るから、頑張って植えよう」なんて思ったそうですよ。

お米を大切に食べていた時代のごちそうに、みなさん舌つづみを打っていました。






やこめの作り方に皆さん興味津津。

 
作ったあとの試食も楽しみの一つです。
| 教育普及活動 | 18:39 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 18:39 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://toyohaku.jugem.jp/trackback/507
トラックバック
安曇野市豊科郷土博物館
公式ブログへようこそ!
カレンダー
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
最近のエントリー
カテゴリー
アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
モバイル
qrcode
リンク
スポンサー
おすすめ
おすすめ
おすすめ