安曇野市豊科郷土博物館公式ブログ

<< おかいこ様、はじめました。 | main | 内山節先生による講演会「里に暮らす意味」開催のご案内 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
カイコってなんだろう
毛蚕(けご)
 現在開催中の夏季特別展「泣いた!笑った!おかいこ様〜養蚕がささえた暮らし〜」ですが、カイコを見たことがない、という子どもが意外と大勢いて驚きました。
今日は地元の中学生が総合的学習で博物館を訪れて、カイコを見て、驚いたり、おっかなびっくり触ってみたりしていました。

上の画像は掃き立て(孵化)したばかりのカイコです。
孵化したばかりのカイコを毛蚕(けご)と呼びます。
毛蚕は大きくなったカイコとは似ても似つかぬ黒い毛に覆われた2,3个陵鎮遒任后
5齢のカイコはこの毛蚕の約12,000倍の重さになります。
大きさも大人の人差し指くらいになるのです。
孵化してから約1ヶ月、繭になるまでの間養蚕農家ではカイコの世話に追われました。

安曇野では女性が主に養蚕を担っていたことが多いようです。
カイコを飼育した女性は、秋に養蚕がすべて終わるころには痩せて、太ももの肉がげっそりと削げ落ちて、しまったとも言います。
そのくらい、良い繭を作るカイコを育てるために女性たちは頑張ったんですね。

安曇野の養蚕は女性の力で支えられていたと言っても過言ではありません。



◆夏季特別展「泣いた!笑った!おかいこ様〜養蚕がささえた暮らし〜」

◆開催期間 7月18日(土)〜9月23日(水)
◆入館料  大人300(240)円 小中生150(120)円( )内は20名以上の団体料金
◆開館時間 9時〜17時(入館は16時30分まで)
◆休館日 月曜(祝日の場合は開館)・祝日の翌日
◆問合せ 安曇野市豊科郷土博物館 電話・FAX 0263-72-5672

| 「泣いた!笑った!おかいこ様」 | 21:41 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 21:41 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://toyohaku.jugem.jp/trackback/474
トラックバック
安曇野市豊科郷土博物館
公式ブログへようこそ!
カレンダー
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
最近のエントリー
カテゴリー
アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
モバイル
qrcode
リンク
スポンサー
おすすめ
おすすめ
おすすめ