安曇野市豊科郷土博物館公式ブログ

<< 「絵馬ものがたり〜安曇野の庶民の祈り〜」開催 | main | 特別講座「親子で作る押絵の絵馬」開催!! >>
及木伍社「加藤清正虎退治の図」
加藤清正虎退治の図
この絵馬を描いた「抱亭五清(ほうていごせい)」は江戸時代の絵師で、葛飾北斎の弟子でもあります。
また天保6年(1835)の奉納で、今回の絵馬展で一番古い絵馬でもあります。
実は「抱亭五清」だとわかったのが開催の数日前で、ちょっとした(嬉しい)驚きでした。
清正が取っ組んでいる虎はかなり薄くなって消えかかっているのですが、それでもこの絵馬の清正は生き生きと描かれています。

12月15日開催の「親子で作る押絵の絵馬」、「親子…」ということでご遠慮なさっている方がおられるようです。
一人でのご参加もOKですので、ふるってご参加ください。
来年の干支「ねずみ」を使った、伝統ある押絵の絵馬を作ります。
詳細は以下のとおりです↓↓

★講座名  「親子で作る押絵の絵馬」
★開催日時 平成19年12月15日(土)午後1時〜4時
★講  師 松本ベラミ人形店 三村隆彦さん
★会  場 安曇野市豊科郷土博物館 2階学習室
★対象・定員 15組(親子でも一般でもOKです)
※先着順・定員に達し次第締め切らせていただきます。
★受講料  1,200円(絵馬1セットにつき・当日受付にてお支払いください)
★内  容 松本や安曇野に伝わる「押絵」の歴史を学びつつ、親子で簡単な押絵の絵馬を作っていただきます。作っていただいた絵馬は特別展の期間中、「現代の絵馬」として展示させていただきます。(特別展終了後お返しいたします。)
★その他 持ち物等ございますので、詳細は郷土博物館(電話0263-72-5672)までお問合せください。
| 絵馬ものがたり展 | 21:10 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 21:10 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://toyohaku.jugem.jp/trackback/410
トラックバック
安曇野市豊科郷土博物館
公式ブログへようこそ!
カレンダー
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
最近のエントリー
カテゴリー
アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
モバイル
qrcode
リンク
スポンサー
おすすめ
おすすめ
おすすめ