安曇野市豊科郷土博物館公式ブログ

<< 考古資料も | main | 絵図を訪ねて >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
ミニ企画コーナー「はかる」
桝01棹ばかり01棹ばかり博物館1Fホールのミニ企画展示のコーナーを一新しました。
今回のテーマは「はかる」ということで、江戸時代の「度量衡(どりょうこう)」をはかるための民具を展示しました。
たとえば、「棹ばかり」は、手で吊り下げるかたちの天秤に似た「はかり」で、分銅の位置をずらすことによって、重さをはかります。
「桝(ます)」については、皆さんご存知のとおり、米や、酒など容量をはかるための道具です。
「はかる」と一口に言っても、「重さ」、「長さ」、「容量」などいろいろありますよね。
昔の人たちはどうやってそれを「はかって」いたのか。
そして、なぜ「はかる」必要があったのか。
生活のなかで使っていた道具から、その一端がのぞいていただけたら、と思います。
| 新着情報 | 10:09 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 10:09 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://toyohaku.jugem.jp/trackback/349
トラックバック
安曇野市豊科郷土博物館
公式ブログへようこそ!
カレンダー
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
最近のエントリー
カテゴリー
アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
モバイル
qrcode
リンク
スポンサー
おすすめ
おすすめ
おすすめ