安曇野市豊科郷土博物館公式ブログ

<< 集まってきた白鳥写真 | main | 平成19年度 山草部 会員募集!! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
庚申講

お庚申の日が巡ってきました。
庚申講は地域によっては、現在も続く風習です。干支の庚申の日を禁忌として、その日の夜に庚申(仏教では青面金剛、神道からすれば猿田彦)をまつり、徹宵をする信仰で、庚申講はその信仰仲間のことであり、行事のことでもあるのです。
庚申の日は60日ごとに巡りますが、この日が禁忌であるといういわれは中国の道教の三尸(さんし)説にもとめることができるのだとか。。庚申の日には、人間の体の中にいる三尸虫が体から抜け出して、天に昇り、天帝にその人間の罪過を告げ口して、人の早死にを企むのだそうです。だから、その夜は寝ずに三尸虫の抜け出す機会を与えないように夜明かしをしていたんですね。。
| 風物詩 | 18:15 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 18:15 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://toyohaku.jugem.jp/trackback/323
トラックバック
安曇野市豊科郷土博物館
公式ブログへようこそ!
カレンダー
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
最近のエントリー
カテゴリー
アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
モバイル
qrcode
リンク
スポンサー
おすすめ
おすすめ
おすすめ