安曇野市豊科郷土博物館公式ブログ

<< いぼとり神様・仏様 | main | 藤森桂谷ものがたり >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
光城山―長峰山

今日は、安曇野市教育委員会の「あづみ野 新発見!ウォーキング」に、講師として参加してきました。。講師と言うほどのご案内はしませんでしたが、、(ごめんなさい)
ウォーキングの目的地は豊科の光城山(ひかるじょうやま)と明科の長峰山(ながみねやま)のトレッキングです。気持ちの良い秋晴れのもと、まずは標高911メートルの光城山に登りました。ここは常念岳と安曇野を一望できる展望ポイントなんです!!標高560メートルほどの駐車場からおよそ1時間で頂上に到着しました。ここからは常念岳と横通岳の間の常念乗越(のっこし)から、槍ヶ岳の頭が見えます。

光城山は、光氏の山城があった里山です。現在は古峰神社というお宮があり、城跡が残っています。戦国時代にこの地方を支配していた海野氏の山城として、その配下の光大和が城主だったのです。この城は武田信玄に滅ぼされました。

光城山から3キロほど北へ縦走すると、長峰山の山頂になります。ここには「歴史の塔」という長峰山のシンボルの塔が立っています。これは「明治100年」を記念して、昭和46年に建てられたもので、塔の下には50年後に開けられることになっているタイムカプセルが埋められています。ここも安曇野を一望できるポイントで、その景観から様々なテレビドラマのロケ地として有名です。

ここからは大町から塩尻までの松本平が一望できます。長野県側の北アルプスがほとんど見えます!!また、梓川・穂高川・高瀬川が合流して犀川となるポイントもバッチリ拝めます!!
| 教育普及活動 | 20:33 | comments(0) | trackbacks(1)
スポンサーサイト
| - | 20:33 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://toyohaku.jugem.jp/trackback/164
トラックバック
季節外れの雪形(仔犬)
昨日の冷え込みは北アルプスに雪をもたらしました。おかげで、季節外れの雪形があらわ...
| 田淵行男記念館 | 美術館日記 | 2006/10/09 9:21 PM |
安曇野市豊科郷土博物館
公式ブログへようこそ!
カレンダー
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
最近のエントリー
カテゴリー
アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
モバイル
qrcode
リンク
スポンサー
おすすめ
おすすめ
おすすめ