安曇野市豊科郷土博物館公式ブログ

<< 安曇野の秋 | main | 安曇野散策 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
郷土散策

金龍寺には真々部氏の館があったこともあり、この地区は真々部区でも「殿村」とよばれています。写真は殿村の道祖神です。こちらも文字碑ですね。
この地区は古い町並みが残っており、真々部区でも「町通り」と呼ばれており、狭い集落ですが、その昔は七寺八小路あったと言われています。現在でも3寺残っています。金龍寺から殿村を抜けると、専念寺があります。

専念寺は浄土宗のお寺です。ここには室町時代の中期の作と鑑定される誕生仏があります。これはシャカ出生時の「天上天下唯我独尊」の姿といわれ、市の文化財にも指定されています。

また、専念寺は明治の廃仏毀釈の際には、真々部学校とすることによって難を逃れました。

真々部学校跡地の石碑がありました。

専念寺から西に行きますと、真々部中町の道祖神があります。こちらも文字碑ですね。。先週、秋祭りがありましたので、掃除の後なのか、ほうきが立てかけられていました。

もっと詳しく道祖神について知りたい方は、こちらに参加してみませんか?
| 教育普及活動 | 20:41 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 20:41 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://toyohaku.jugem.jp/trackback/149
トラックバック
安曇野市豊科郷土博物館
公式ブログへようこそ!
カレンダー
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
最近のエントリー
カテゴリー
アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
モバイル
qrcode
リンク
スポンサー
おすすめ
おすすめ
おすすめ