安曇野市豊科郷土博物館公式ブログ

<< ジオラマ一家リターンズ | main | 刀剣解説コーナー >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
時代小説「明けゆく天地」
松浦節さんの新作「明けゆく天地」が出版されました。安曇野市の豊科高家の熊倉という地籍のことについて、小説の中で触れる際に、当館の資料等を参照されましたので、お礼に送っていただきました。ありがとうございます。じっくり読ませていただきます。
| 新着情報 | 23:51 | comments(2) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 23:51 | - | -
コメント
 「熊倉」訪問の際は、大変お世話になりました。
2年越しに『明けゆく天地―伊奈熊蔵忠次覚書―』を刊行することが出来ました。ありがとうございました。
 細萱亜矢様には熊倉村の地図をコピーして線を引いて解説を書き込んで頂きました。細萱栄司館長代理は突然の訪問にもかかわらず快く『豊科町誌』を複写して下さいました。熊倉の現地では幸運にも、「熊倉氏館跡」にお住まいの丸山喜滋様ご夫妻とお会いして色々とお話を伺うことが出来ました。丸山氏にも拙作をお送り致しました。貴地の温かきお人柄を感謝をこめて思い出しております。
 「熊倉」は初代関東郡代伊奈熊蔵忠次にとって、治水・農村経営の原点をなす重要な地です。江戸幕府を202年の長きにわたって支え続けた関東郡代伊奈氏の源流の地として、今後も私は顕彰して参ります。ありがとうございました。
| | 2006/09/05 11:19 AM |
『明けゆく天地―伊奈熊蔵忠次覚書―』は、文芸評論家の縄田一男氏が「週刊新潮」10月5日号、「日本経済新聞夕刊」等に取り上げて絶賛して下さり、「目利きが選ぶ3冊」にも挙げられ、全国的に広く読まれるようになりました。これも皆様方のお陰と深く感謝しております。
 高家の丸山喜滋様からは本のお礼にと「アイガモ農法の無農薬米」を送って頂き、そのあまりの美味しさに驚嘆しました。この農法を実行される長年のご苦労を偲びつつ、東京方面の知人にも広く知らせ、我が家では継続して購入することに致しました。関東郡代伊奈氏源流の地にお住まいの皆様、どうか誇りを持って、さらなる農法研究にチャレンジされるよう、敬意をこめてお祈り申し上げます。
| | 2006/10/25 5:35 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://toyohaku.jugem.jp/trackback/117
トラックバック
安曇野市豊科郷土博物館
公式ブログへようこそ!
カレンダー
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
最近のエントリー
カテゴリー
アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
モバイル
qrcode
リンク
スポンサー
おすすめ
おすすめ
おすすめ