安曇野市豊科郷土博物館公式ブログ

安曇野の御船祭り

安曇野明科萩原地区の御船
 
安曇野明科塔ノ原地区の御船

安曇野の御船祭りというと、穂高神社のものを思い浮かべる方が大勢いると思いますが、実は安曇野では各地で御船祭りがあるのです。
写真の他にも三郷熊野神社の御船や豊科重柳地区の御船など、多くの地区で御船を曳いたり、押して練り歩くお祭があります。

御船を曳いて豊穣を祝う、安曇野のお祭りをご覧にいらしてみませんか。
| 風物詩 | 17:08 | comments(0) | trackbacks(0)
そば栽培
 
昨年失敗したプランターでのそば栽培。今年は順調に花が咲き、このままでいけば実もとれるはず、と思っていたのですが・・・。

先日の強風にあおられて、根本から倒れてしまいました。
やはり、しっかり根を張るように深い鉢を用意しなければいけなかったかもしれません。
今年こそは・・・と思いつつ、また来年なんてことになるかもしれません。
| 風物詩 | 10:54 | comments(0) | trackbacks(0)
東小倉のシダレヒガン
 
先日開催した、「探訪 安曇野の桜」の時には咲いていなかったシダレヒガン。
見に行ったら満開でした。大きくて見ごたえのあるシダレザクラですね。

中曽根のオオシマザクラも咲いていたので、その画像もおいおい載せていきますね。
| 風物詩 | 19:15 | comments(0) | trackbacks(0)
今朝の犀川白鳥湖
 犀川の白鳥湖

今朝は犀川白鳥湖に寄ってから出勤しました。
暖かい日が続いて、白鳥の北帰行も始まったと思いきや、この2,3日は冬らしく冷え込んで、白鳥も寒そうに見えました。

とは言え、白鳥写真教室を開催した日に比べ白鳥の飛来数は多かったようです。
南から帰る白鳥たちが立ち寄っていたのかもしれませんね。
| 風物詩 | 20:14 | comments(1) | trackbacks(0)
こけだま講習会開催
こけだま講習会こけだま講習会こけだま講習会
 今年で3回目となる「こけだま講習会」。博物館の恒例行事になっているせいか、今年は申し込みも多く、25名の方が受講してくださいました。
 今回はこけだまの寄せ植え、ということで2〜3種類の異なる植物をこけだまにしました。小学生のお子さんたちは親ごさんや、おじいちゃんに手伝ってもらいながら、真剣な表情でこけだまを作っていました。
 参加された方々も、苦心の末にできたこけだまを嬉しそうにお持ち帰りになり、家でもチャレンジしてみるとおっしゃる方もいました。
 暑い夏に涼をよぶこけだま。ぜひみなさんもチャレンジしてみてはいかがでしょう。
| 風物詩 | 17:41 | comments(0) | trackbacks(0)
七夕飾り
笹飾り早いもので1年のうち半分が過ぎ行きました。もう7月です!
展覧会の準備も大詰め!ですが、7月と言えば七夕ですね。
博物館では笹を飾って、訪れた皆様に願い事を書いた短冊を結んでいただいています。
安曇野地域ではこの笹飾りに、小豆餡の白いお饅頭をお供えする風習があります。
甘くて白くてもちもちしたものが「ごちそう」だった頃、このお饅頭を楽しみにしていたと、お年寄りの方にお聞きしました。
百個以上作ったお饅頭を大きな甕に入れ、家の周りの堰(用水路)で冷やしたんだよ、なんて方もいらっしゃいました。
この「七夕まんじゅう」には、物事が「まあるく」おさまりますように、そんな願いも込められていたのかもしれませんね。

夏季特別展「お勝手からみた安曇野」では、伝統食講座として「七夕まんじゅう」をつくってみよう、食べてみよう、というイベントもありますので、是非ご参加ください!


| 風物詩 | 19:05 | comments(0) | trackbacks(0)
伝統食つくり
かしわ餅6月2日から3日間、資料のくんじょう作業(防虫)作業で臨時休館中ですが、仕事はお休みじゃありません。本日は、安曇野市の伝統食を伝える女性の皆さんと月遅れの端午の節句で「柏餅」を作ってきました。庭に柏を植えてらっしゃる方が大量の柏の葉をご用意くださいました。また、「朴葉味噌」などで知られる「朴葉」もご用意いただいて、「かしわ餅」と「朴葉餅」づくりです。
米粉に砂糖、片栗粉などを練りこみ、蒸して、練って、また蒸して…。柏の葉には殺菌作用があると共に、子孫繁栄の祈りも込められています。昔の人は節句など一つ一つの行事を大切にしていたんだなぁ、と実感します。いざ、試食の時には、参加された女性のみなさんのカバンから、魔法のように「信州のお茶請け」が次から次へと現れてびっくり。核家族化が進んだとは言え、信州の伝統はしっかり受け継がれているって、ことですね。
夏の特別展「お勝手からみた安曇野」では、安曇野の伝統食の講座もあります。詳細はまたお知らせしますので、どうぞお楽しみに。
| 風物詩 | 20:51 | comments(0) | trackbacks(0)
コノテガシワの雪吊り
コノテガシワ雪吊り久しぶりに安曇野にも雪が舞いました。朝からの雨が昼前にみぞれ混じりの雪に変わり、だいぶ冷え込みました。昨年末に博物館の庭にある「コノテガシワ」にかけた雪吊りがようやく役目を果たせそうです。雪吊り、職人さんの技ですよね。
美しいです。
| 風物詩 | 23:38 | comments(0) | trackbacks(0)
成相・新田地区の福俵曳き
成相福俵
新田福俵
今年も豊科成相・新田地区の道祖神祭りが開催されます。メインの福俵曳きは、14日(明後日)の開催です。奇祭としても知られる「福俵曳き」。道祖神の依代でもある、この画像の「御柱(おんばしら)」といい、とてもユニークですよね。
祭りの日程はこちら。是非ごらんあれ。
| 風物詩 | 23:31 | comments(0) | trackbacks(0)
はぜかけしました。
駐車場ではぜかけ
秋がいっそう深まって、安曇野では刈り取った稲をはぜかけしている風景があちこちで見られます。
はぜかけを見ると、「冬も近いなぁ」というのが正直な感想ですが、まだ秋です!
でも朝夕は寒いですたらーっ
先日開催した「はじめての絵手紙」講座で、博物館で用意したモチーフの中に「稲」がありました。
まだ稲刈りしてない方にお願いしてもらってきたのですが、予想以上にたくさんいただけたので、今後の展示に活かそうと「はぜかけ」してみました。
ほんとは、束ねるのに紐なんか使わないそうですが、稲だけで束ねるのは難しいです撃沈
これから美味しい新米が食べられる季節になりますよーおにぎり
| 風物詩 | 17:39 | comments(0) | trackbacks(0)
安曇野市豊科郷土博物館
公式ブログへようこそ!
カレンダー
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
最近のエントリー
カテゴリー
アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
モバイル
qrcode
リンク
スポンサー
おすすめ
おすすめ
おすすめ